今すぐト予約 

 

COLUMN

保険コラム

ちょいのり保険の利用方法や疑問について
わかりやすく解説します!

コンビニで簡単手続き!おすすめの1日自動車保険(ちょいのり保険)を解説

「友達の車を借りてドライブに出かけたい。」「実家に帰省するときに親の車を運転する。」そんなとき、万が一の事故に備えて入っておくと安心なのが1日自動車保険。「ちょいのり保険」はニーズに合わせて24時間500円からプランが選べるうえに、ローソン・ミニストップ等のコンビニやスマホ(PC)で加入のお手続きができる、忙しい方にもおすすめの1日自動車保険です。

今回は、そんな便利で安心の「ちょいのり保険(1日自動車保険)」について詳しくご紹介します。

※本記載の内容は、2020年8月時点のものです。

記事1のメイン画像

対人・対物賠償が無制限でおすすめ!ちょいのり保険(1日自動車保険)補償内容

1日自動車保険を検討するときに重要になるのは、やはりその補償内容です。特に、事故を起こした際の対人・対物賠償つまり「相手方への補償が無制限かどうか?」が気になる方も多いはず。おすすめの「ちょいのり保険(1日自動車保険)」には車両補償なしプラン・車両補償ありプラン(スタンダード)・車両補償ありプラン(プレミアム)の3つのプランがありますが、全てのプランにおいて対人・対物賠償の保険金額は無制限ですので、法律上の損害賠償責任を負う場合には無制限で保険金をお支払いします。

「ちょいのり保険(1日自動車保険)」の3つのプランの比較や各補償内容については、下記の記事でも紹介していますので、確認してみましょう。
1日自動車保険(ちょいのり保険)の補償内容を比較!

また、他人の車を借りて運転する場合の保険には1日自動車保険(ちょいのり保険)とドライバー保険(自動車運転者保険)の2つがありますが、この2つの保険の違いをご存知でしょうか?1日自動車保険(ちょいのり保険)とドライバー保険を比較したとき、その違いは保険期間・対象となる車両・車両補償の有無の3点です。おすすめしている「ちょいのり保険(1日自動車保険)」の車両補償ありプランには、事故で借りた車が壊れたときの車両補償がセットされていますが、一般的なドライバー保険には車両補償が含まれていないことが多いので、現在ドライバー保険に加入している方も今一度その補償内容を確認してみましょう。
1日自動車保険(ちょいのり保険)とドライバー保険(自動車運転者保険)の違いとは?加入条件や補償内容を比較!

年齢・資格・車の名義、ちょいのり保険(1日自動車保険)の加入条件

ニーズに合わせて幅広く補償が選べておすすめの「ちょいのり保険(1日自動車保険)」ですが、加入するには年齢・資格・車両の種類・車の名義等一定の条件があります。
1日自動車保険(ちょいのり保険)の加入の条件とは?

加入条件に当てはまらない場合は「ちょいのり保険(1日自動車保険)」に加入できませんので、ご検討の際は事前に以下3つの条件を確認しておきましょう。

【運転者ご本人(記名被保険者)】
1. 運転者ご本人(記名被保険者)が18歳以上の個人のお客様
2. 都道府県の公安委員会が交付する日本国内で有効な運転免許証をお持ちの方
※仮運転免許証、国際免許証を除く

【借りるお車の種類】
・自家用乗用車(普通自動車・小型自動車・軽四輪自動車)
※一部の外国メーカーの車やスポーツカー等、特定の車種を除く

【借りるお車の名義】
・個人名義
※運転者ご本人(記名被保険者)、運転者ご本人(記名被保険者)の配偶者の名義を除く
※一定の条件を満たす場合は法人名義の車でも対象

また、「ちょいのり保険(1日自動車保険)」では対象とする車の条件を他人や親族(配偶者除く)が所有する自家用乗用車としており、一定の条件を満たす場合を除いて法人名義の車は対象外になりますのでご注意ください。
1日自動車保険(ちょいのり保険)は法人名義やレンタカー・カーシェアリングの車も対象?

ちょいのり保険(1日自動車保険)の対象となる自動車は自家用乗用車

「ちょいのり保険(1日自動車保険)」を利用する際に、補償内容と併せて事前に知っておきたいのが対象となる自動車です。「ちょいのり保険(1日自動車保険)」では対象となる車を、他人や親族(配偶者除く)が所有する自家用乗用車としています。自家用乗用車とは普通自動車・小型自動車・軽四輪自動車のことを指しますので、バイク(二輪自動車・原動機付自転車)や軽トラック等の貨物車は「ちょいのり保険(1日自動車保険)」の対象外ですのでご注意ください。「ちょいのり保険(1日自動車保険)」の対象となる車については下記の記事で詳しく説明しています。
バイク・原付・軽トラは1日自動車保険(ちょいのり保険)に加入できる?

スマホやパソコンで簡単!ちょいのり保険(1日自動車保険)おすすめ申込方法①

「ちょいのり保険(1日自動車保険)」にはいくつかのお申込方法があります。その中でも、お客様に「簡単で便利!」とご好評をいただいているのが、スマホやパソコンから事前にネット予約をしてコンビニ(ローソン/ミニストップ)で保険料を支払う方法です。このおすすめのお申込方法について、下記の記事で手順をご案内していますので参考にしてください。
スマホ(パソコン)・コンビニで簡単!1日自動車保険(ちょいのり保険)の加入方法

コンビニのロッピーで直接手続き!ちょいのり保険(1日自動車保険)申込方法②

「ちょいのり保険(1日自動車保険)」にはスマホやパソコンでネット予約をせずに直接ローソン・ミニストップのロッピー(Loppi)で申込手続きをする方法もあります。こちらはスマホやパソコンの操作が苦手という方や、お手続きを一回で完了させたい方におすすめの申込方法です。ロッピー(Loppi)を使った「ちょいのり保険(1日自動車保険)」へのお申込みについては、下記の記事で詳しく紹介していますので参考にしてください。
1日自動車保険(ちょいのり保険)の申込みはローソンのロッピーがおすすめ!

なお、ロッピー(Loppi)はローソンだけでなくミニストップにも設置してありますので、お近くにミニストップがある方も是非ご利用ください。
ミニストップで手軽に入れる1日自動車保険(ちょいのり保険)とは?

ちょいのり保険(1日自動車保険)は家族や友達、親の車を借りるときに安心

運転日数に応じて1日(24時間)単位の加入ができてニーズに合った補償を選べる「ちょいのり保険(1日自動車保険)」は、家族や親そして友人の車を借りて運転するときに大変おすすめです。借りたお車の故障やトラブル時の応急対応等を行うロードアシストや運転者が最も不安な事故発生から24時間をしっかりサポートする事故現場アシストも「ちょいのり保険(1日自動車保険)」の全てのプランに含まれています。
家族や友達、親の車を借りるときは1日自動車保険(ちょいのり保険)が安心!

また「ちょいのり保険(1日自動車保険)」では、人数に関わらず定額の追加保険料で最大3名まで運転者を追加登録することができます。運転者を追加登録した場合は、追加された運転者(臨時被保険者)による事故も「ちょいのり保険(1日自動車保険)」の補償対象になるので複数人での運転やドライブの際も安心でおすすめです。
借りた車を複数人で運転するとき1日自動車保険(ちょいのり保険)は適用される?

子供に自分の車を貸す際も加入できる「ちょいのり保険(1日自動車保険)」

ここまでご案内してきたように、24時間500円〜、コンビニやスマホで簡単に加入申込みができ、対人・対物賠償が無制限の「ちょいのり保険(1日自動車保険)」は、自分の子供に車を貸す際のご加入にもおすすめです。同乗者のケガの補償や、複数人(事前の登録が必要です。)での運転も補償対象になるので、子供が親の車を借りて友人たちと旅行やドライブに出かける際に安心の1日自動車保険です。
子供に自分の車を貸すときも1日自動車保険(ちょいのり保険)に加入できる!

いかがでしたでしょうか? 1日自動車保険への加入をご検討の際は、補償内容と運転する予定のお車を確認したうえでプランを選ぶことが大切です。皆様の安心と安全に「ちょいのり保険(1日自動車保険)」をお役立てください。

※ちょいのり保険(1日自動車保険)は、「一日単位型ドライバー保険特約(包括方式)に基づき通知または一日単位型ドライバー保険特約(一般方式)が付帯された自動車運転者保険」のペットネーム・略称です。
※こちらは「ちょいのり保険」の概要を記載したものです。適用できる割引や特約等には一定の条件がある場合があります。なお、ご契約にあたっては、必ず「重要事項説明書」をよくお読みください。また、詳しくは、「約款」をご確認ください(「約款」はホームページでもご確認いただけます。)。ご不明な点等がある場合は、代理店または東京海上日動までお問い合わせください。

0111-GN01-B20017-202008